赤パン帳 (ΘェΘ)

ニッポンセイカツ はじまり、はじまり

CATEGORY
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - |
ナルニア国物語

久しぶりの映画レビュー。
なぜかって、イタリアに来てからテレビでも映画を見ることがないですから。
イタリアってテレビはもちろん映画館でもすべての映画は吹き替えなんです。
識字率が低いってのが問題なんですが、
それ以外にもイタリア映画やテレビドラマって
現在でもスタジオで俳優本人が音声を録音するのが普通なんです。
そんなわけで、口の動きと言ってることがあってないってのは誰も気にしないこと。

が、高校時代トリノにいたときもわざわざオリジナル言語で上映する映画館に行って、
オリジナル言語のDVDを借りていた私は、気になります。
しかもつい数年前、仕事でDVD用マスターテープや、劇場用フィルムで、
口の動きと音声の技術的ミスのシンクのずれを確認してダメだしする仕事をして、
それ以降はまともに映画を楽しめない体になったんだから、気になってしょうがないんです。
さらに、難しい映画をイタリア語で見たってそこまで理解できないから
そういう面白そうな映画は最初から見ない。


...前置きが長くなりましたが、今日もテレビは面白くないねって言いながら
衛星放送があるから外国の見えるチャンネルを見てたら、
Kanal 4っていうどこの国だか分らないところのチャンネルで、
ナルニアを英語と、その国の字幕でやってたんですよ。
で、めでたく最後まで見たわけです。
劇場公開された時も、みなさんハリー・ポッター派かナルニア派に分かれていて、「ハリー・ポッターは子供が見るもの!」とか言ってた人もいたんですが、ハリー・ポッターもまともに見たことがない私は、たぶん英語で見れた感動もあり、楽しく最後まで見ました。
でもこういう映画は大きなスクリーンで見るのが一番ですね。
ティルダ・スウィントンと、ジェームス・マカヴォイが出てたから
それだけでもよかったんだけど。

kanal 4、どこの国だか分らないけど(デンマーク?)今後もチェックします。

| (ΘェΘ) | Cine Review | 00:39 | comments(2) |
Vフォー・ヴェンデッタ
V for Vendetta(日本公式サイト)
by James McTeigue
DVD

雪の日にみた第二段。
すごくいいよ、といろんな人から聞いてたけど、見てみると、納得。
まず出てる人が、スティーブン・レイとかスティーブン・フライ、そしてジョン・ハート。
ガイ・フォークスがテーマということも知らなかった...
今までなんで躊躇してたかというと、モダンクラシックになりたがってる風なのが鼻についたから。
でもまあそれはマーケティングの問題でを実際見てみると確かにその素質があると思う。
意識してるけど、でもその価値がある。
「ラストキング・オブ・スコットランド」直後に見たのでやっぱり現代のイギリスを考えさせられますが
悪と善は白黒ではないという点が好きでした。
Vは、善なのか悪なのか。
そして映画的には仮面をとらなかったのもいいですね。
続きを読む >>
| (ΘェΘ) | Cine Review | 01:18 | comments(2) |
ラストキング・オブ・スコットランド
ラストキング・オブ・スコットランド(日本公式サイト)
by Kevin McDonald
DVD

アフリカ小国の独立のストーリーとスコットランドのストーリーとが重なってすごいドラマになってます。
もし自分が若いスコットランド人の医師ニコラスの立場だったら、とみんなが考えると思います。
彼は根はまじめだけど本気でウガンダを救おうという強い意思で来たわけでもないのに
独裁者アミンのカリスマに惹かれてどんどん違う方向に引っ張られてしまう...
独裁政治ってのはやっぱりそういうものですね。
いい意味でも悪い意味でもリーダーの素質がある人間を神のように拝めて自分の生活を良くしていこう、という他力本願な考えに付け加え、自分の貧しさや苦しさを忘れるために他の事に熱狂的になりたがる。
気づいたときには、もう手遅れ。
続きを読む >>
| (ΘェΘ) | Cine Review | 00:18 | comments(0) |
Romanzo Criminale

Romanzo Criminale(英 公式サイト)
by Michele Pracido
DVD

イギリスでも好評だったイタリア映画。
明るいイタリアのイメージとは打って変わって、70年代のイタリアは暗かったんです。
政治に絡んだ犯罪が後を絶えず、ついには当時のアルド・モーロ首相の誘拐・暗殺。
そんな時代に幼馴染の不良少年達が「ローマを乗っ取る」という夢を胸に冷酷に犯罪を繰り返す、犯罪小説(Romanzo Criminale = Crime Novel)の映画。
続きを読む >>
| (ΘェΘ) | Cine Review | 05:57 | comments(4) |
チェ 28歳の革命

チェ 28歳の革命

久しぶりの映画館です!
しかも、前の会社のときは仕事でだったから、そう考えたらかーなーり長い間映画を映画館で見てない!
映画学の学生だったくせに、この変わり様。
でも、その映画館離れの封を開けてくれたのがこの映画でした。

続きを読む >>
| (ΘェΘ) | Cine Review | 00:17 | comments(2) |
無事に引っ越し終わりました


といっても、まだ段ボール箱は転がっているんですが...

やっぱり北は交通の便が良いですね。
南は地下鉄の駅が少ないのでバスか、運がよければ列車に頼れますが
基本的にロンドン中心部ってのはテムズ川の北側ですから。

熊さんの仕事場がすごく近くなり、私のオフィスまでも楽に通勤できます。
近所にスーパーやいろんなお店があるので便利。
カムデンマーケットもバスで10分くらい。

前の家の近所は別にレポートするようなことはなかったのですが
こっちではあるかも。
たぶんまたブログに頻繁に写真を載せたり...

...たぶんね。
| (ΘェΘ) | Cine Review | 02:03 | comments(2) |
酔いどれ天使
久しぶりの映画のレビューです。
その再開記念作品(?)は黒澤・三船・志村トリオの「酔いどれ天使」です!

とてもエネルギーに溢れた映画です。
戦後の闇市が舞台。
若いヤクザと酒飲みの医者との人間味溢れるぶつかり合いのドラマです。

酔っ払いで口が悪いけれど患者のことを自分のことのように気にする医者が、名優志村喬。
消毒のアルコールにお茶を入れて飲むほどの貧しい酔いどれ。すごい。
友達によると「鯉のような顔をしている」のですが、とても安心してしまうお顔です。
やっぱり「生きる」のイメージがぴったり...
悪役なんてがんばってもできなかったでしょう。
若いヤクザを演じる三船敏郎の演技が派手で目立ってしまうのですが
それも隣でしっかりと支える志村喬さんがいるから。
まさに天使です。
続きを読む >>
| (ΘェΘ) | Cine Review | 23:16 | comments(0) |
フラガール、そして日本で披露宴!
久しぶりの投稿です。
そして久しぶりに映画館に言ってみた映画。
久しぶりの日本映画。
そしてなんとあさってから日本に二週間行きます!

まずは映画から。
これはUKプレミアで、大使館やらが主催したイベントの中の一つでBAFTA(British Academy of Film and Television Arts)で、監督を呼んでのプレミア、無料!
続きを読む >>
| (ΘェΘ) | Cine Review | 21:52 | comments(2) |
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>




このページの先頭へ