赤パン帳 (ΘェΘ)

ニッポンセイカツ はじまり、はじまり

CATEGORY
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - |
蟹工船、見たい読みたい

読んでないし見てないのでレビューじゃないです。
気にはなってたけど、読んでなくて、映画化されるのも知ってたけど
監督がSABUならたぶん雰囲気は変わるんだろうなー。
見てて古臭い映画より現代にあわせているほうがいいんですけどね。

出演が松田龍平で新井浩文もでるなんて、二人とも好きな俳優です。
「青い春」で共演してましたね。
どうがんばっても日本映画を見る機会が少ないですが
この二人は「青い春」からかげながら応援しています。
これからも映画でがんばってほしいです。

蟹工船、次の「日本からの本」リストには忘れずに入れなきゃ。
いわゆるプロレタリア文学って読んだことないかも。
今、日本の若者の間でプロレタリアの思想ははやっているんでしょうか。
行き場がないと思っているから、それを怒りであらわすのは自然なことなのかも。
でも「主義」に走るより自分の人生を自分の行動によって切り開く努力をすることも大事ではないかと思います。
(そういう私は「個人主義」なんですけどねー)
もちろん、そんな余裕をいえる環境にいない人ではなく、
恵まれた環境にいて人から与えられることに慣れてしまい自分の目標も夢もないくせに、もしくはあっても目標に対して積極的でないまま、「私の人生は楽しくない」っていってる人。
その努力をする忍耐力が今の私たちの時代にかけていることなのかも。

ちなみに、今回送ってもらった本リストには、ウェブデザイン関連の本がメインで
「仮面の告白」「共同幻想論」「濹東綺譚」なども気になっていた本も。
うーん、暗い夏ですね...

| (ΘェΘ) | Cine Talk | 17:35 | comments(6) |
日本初の映画専門単科大学創立へ - news
日本初の映画専門単科大学創立へ 11年4月開校目指す
asahi.com 2009年1月28日の記事

映画作家や俳優を養成する専門学校「日本映画学校」(川崎市麻生区)を運営する神奈川映像学園は28日、日本初となる映画教育・研究専門の単科大学「日本映画大学」(仮称)の創立構想を発表した。文部科学省の認可を経て11年4月の開校を目指す。


日本映画の活性化にはやっぱり投資が必要です。
一時期、日本映画学校みたいな専門学校を探してたけど
アートに偏りたくないという理由から、普通の大学で一応イベント経営もやりました。
結局その120倍くらいの時間を映画学に費やしたんですが、
一応卒業証書上はどっちも持っているということになるという作戦成功。

何がいいたいかというと、プロデューサーの要請もがんばってほしいということです。
映画ほど膨大なお金が必要な産業ではお金を上手に扱える人が必要。
ちなみに私は一つの映画にどっぷりはまるプロデューサーより、
出来上がった作品を多くの人に持っていってあげれる仕事が夢です。
続きを読む >>
| (ΘェΘ) | Cine Talk | 23:21 | comments(2) |
Digital Cinema
先週は仕事の研修でSwindonというよくどこか分からないところに、列車に乗って一時間かけていきました。
ある超大手映画音響の会社の主催する二日間のデジタル・シネマのコース。
知らないことばかりでしたが、とても興味深かったです!


日本でももう一般的にも知られているはずですが、デジタルシネマってつまりは映画のフィルムを使わないで、映画館で映画を上映する方法です。
クオリティー面でフィルムとデジタルどっちがいいかと言うとそれは人それぞれですが私はやっぱりフィルムが好きです。
デジタルってやっぱり小さな点が集まった人工的なものですから(フィルムが人工的じゃないかといえばそうでもないですが...)

続きを読む >>
| (ΘェΘ) | Cine Talk | 02:22 | comments(2) |
Florian Henckel von Donnersmarck


映画「善き人のためのソナタ」(日本公式サイト)のフロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク監督がうちの会社に来てくれました。
びっくりするくらいでかい...
背が高いうえに体もがっちりしているのでオフィスに入ってきたときはびっくりしました。
続きを読む >>
| (ΘェΘ) | Cine Talk | 22:59 | comments(6) |
Vertigo Magazine
カナダ人の友達(結婚式の立会人、私の「お姉さん」)がアシスタントエディターその他諸々をしているインディペンデント映画雑誌、Vertigoの今季号は日本映画特集です。

Vertigo Magazine
www.vertigomagazine.co.uk

Pictures From the Floating World: Moving Image Japan


つい先日もらったばかりなのでまだ全部読んでいませんが、古い映画についてや新しい映画について、いろんな人が記事を書いていて楽しみ。
付録のタケシ・キタノのインタビューと「ゲーム」も面白いです。
Vertigoが手に入る地域・国にいる方はぜひどうぞ。
| (ΘェΘ) | Cine Talk | 08:09 | comments(2) |
Ultimate Avengers
うちのアメリカの親会社が、Marvel Comicと組んでUlimate Avengersなどのマーヴェルコミックのアニメをいくつか配給しています。
それで最近、英国の私たちもUltimate AvengersやThe Invincible Iron ManなどをDVDでリリースしているのですが、やっぱり日本のアニメには勝てませんね。
熊さんに言わせると、アメコミはプレーステーションの動画みたいだそう。
確かに動きがスムーズじゃない!
新しい、The Invincible Iron Manはもうちょっとスムーズかも。
日本アニメのすばらしさを改めて実感します。
| (ΘェΘ) | Cine Talk | 00:01 | comments(0) |
アカデミー賞
お久しぶりです。
更新が鈍くなっていますが、その上になんといまさらアカデミー賞のことを書きます。



「今年は英国映画の年」と英国メディアが騒いでいましたが、予想通りにDameヘレン・ミレンが主演女優賞をとったので、みんな大喜びです。
彼女は授賞式の前のインタビューで「私がオスカーを与えられることよりも、女王にオスカーが与えられることを英国人は望んでいるのでは」と言っていましたが、そんなことはないでしょう。
60歳を超えていても、「もっともセクシーな女優」の一人なんですから!
こちらでは中継は月曜日の朝3時くらいで、しかもSkyでしか中継がなかったので見れませんでしたが、いつも見るBBC Breakfacst(朝のニュース)ではもうみんな大喜びしていました!

そしてなんとうちの会社が英国で配給する映画も主要な賞を取りました!
続きを読む >>
| (ΘェΘ) | Cine Talk | 22:20 | comments(2) |
大島渚 DVD BOX
大島渚 DVD-BOX 1
大島渚 DVD-BOX 1

↑が3月30日に発売だそうです!
もう予約でいっぱいなところもありますが(楽天とか)、amazonならまだありました。
発売されたらまだ在庫がでてくるでしょうが...
私はもちろん速攻、予約です!
これはBOX1で、近々2、3も出てくるそう。
他にも、この春は大島監督の初期の作品が次々とDVD化されるみたいです。
とりあえず、私が日本にいる間までに発売されるのは手に入れたい...
| (ΘェΘ) | Cine Talk | 22:53 | comments(0) |
CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>




このページの先頭へ