赤パン帳 (ΘェΘ)

ニッポンセイカツ はじまり、はじまり

CATEGORY
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - |
ブッシュと同性愛結婚
同性愛映画祭のことを書いたすぐあとにこの記事を読んだら黙っておけない。
ブッシュが合衆国での同性結婚の禁止条項を急げ、というもの。
確かに、伝統的に結婚って言うのは男女間のものかもしれない。
でも、それと同等の証明書を出してくれる国はたくさんある。
(法的に結婚できない人たち、もしくはしたくない人たちが申請できる、結婚したカップルと同等の権利がもらえる)
でもブッシュは、結婚というのは男女間の神聖なものであって、同性愛者がする権利はないに近いことまで言ってる様子。
アメリカがうたっているのは、「自由の国」じゃなかったっけ?

数年前に、"Made in USA"というドキュメンタリーを見た。
テキサスの貧しい地域に住む黒人の男の子が殺人容疑で死刑にされるという件についてのドキュメンタリーだったが、殺したという証拠がはっきりしないまま、(無罪を訴える人たちを無視して)死刑は執行される。
このドキュメンタリーのポイントは、有罪か無罪かの判断ではなく、こういう生活、仕組み、環境を生み出したアメリカという国をさらけ出すことだった。
無罪を訴える人々は現大統領のブッシュを、人殺しと呼び、映画の最後は、死刑を受ける彼が両腕を警察につかまれ真っ白の廊下を歩くシーンで、「彼の額には、"Made in USA"と書いてあるようだ」というナレーションで終わる。
ごくごく一部の大都市を除いたアメリカという国は保守的で、人々は偏見を持ち、あまり「外の世界」に興味を持っていない。
学校では朝から神と国に忠誠を近い、合衆国以外の国は遅れていると信じてる人がたくさんいるアメリカ。
私はオレゴンで一年過ごして、楽しい思い出もたくさんあるし、アメリカ人個人個人はもちろん好きだけど、システムはやっぱり嫌い。
たしかに、「英雄」という観念をすごく大事にする国民で、それ自体(正義感)はいいんだけど、英雄を作るためにその他の(彼らにとっての)マイノリティーを「悪者」と位置づけて、「僕らが正義とは何かを教えていけないとあげない!」って思ってるのはちょっと問題。
シュワルツネッガー州知事は、「同性愛結婚をも認めると今後銃所持を認めるところも出てくる」と。
関係ないよ、それ...
| (ΘェΘ) | USA | 08:58 | comments(2) |
Anti-Bush お墓でもデモ??
よくお邪魔するletter from Yochomachiにのってる面白い記事です。
このページでは、Le Mondeの面白い記事(ブッシュに関してが多いみたい?!)が日本語訳と原文で載っていてとても興味深いです。
http://suka.blogdns.org/cgi-bin/tb/naoyuki/E1364125989/mt-tb.cgi/10
ブッシュも、ここまで嫌われているのに強がってる態度はすごい。
ロンドンでも、いつも大規模、小規模で反ブッシュ政権+ブレア政権のデモがあっています。
| (ΘェΘ) | USA | 14:20 | comments(0) |
CALENDAR
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>




このページの先頭へ