赤パン帳 (ΘェΘ)

ニッポンセイカツ はじまり、はじまり

CATEGORY
<< ミニミニ大作戦 | main | ダニー・ザ・ドッグ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - |
野良犬
Stray Dog
野良犬
野良犬
by 黒澤明, Japan (1949)
DVD, 19 August 2005

やっと観ましたよ!
黒澤明、三舟敏郎、志村喬の3人組みにわくわく。
三船さんも大好きなんですが、私は志村喬さんの大ファンなんです。
黒澤作品でしかお目にかかれていませんが、あの絶やさない笑顔には負けるわ。
私にとっては彼がスクリーンに出るだけでその場が輝いて優しさに満ちる気がするんですが。
最近、モーガン・フリーマンと同じオーラを出してるとよく思う。
二人とも同じ鯉みたいな口だし。
三船敏郎もいつも強い個性があって、二人で良くバランスを取れているなーと思う。
それはいいとして、この映画もいいですね。
49年といったら正に戦後の怒涛の時代。
それが画面からにじみ出てるし、暑いというのがよく分かるくらいみんなで団扇をパタパタさせてるし、何よりも、三船演じる村上がよく走る!
彼に、「古く見えるけど、日本はまだこういう感じじゃない?」といわれ、60年たっても変わらないものは変わらないんだな、と実感した。

話はDVDになりますが、黒澤作品ってどこでも高いですよね...
イギリスでもBFIが出しているので普通のお店で定価以下になることはない。
常に一つ20ポンド、4000円です。
でも、いつもお世話になっているplay.comでは普段20ポンドのbfi全作品は15ポンドなので買っちゃいました。
これからもよろしくお願いします...
| (ΘェΘ) | Cine Review | 18:10 | comments(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 18:10 | - |
ニホン作品が高いのは、
ニホンでしか売れないとおもっているのか?
安くしても売れる数は増えないとおもっているのか?
世界の常識からかけ離れている。

洋画は、2、3年前の作品が、値段を下げ続け、
980円でも買えるようになっているのに。

結局、高いままだから、
ニホン作品は売り場の片隅へと…
なんだかねぇ=
| 野猫 | 2005/08/24 9:02 AM |

>野猫さん
もしかしたら、「クロサワ作品は高くてもある程度の数は売れる、安くしても数は増えないだろう」なのかも?
どっちみち、墨のほうに追いやられる存在ですが...
昨日ピカデリーサーカスのHMVに行ったんですが、聞いたこともないヤクザ映画がたくさんあってびっくり。
一般的に誰でも手が伸ばしやすい位置にはキタノ作品があります。
あと、三池隆史作品も「オーディション」や「殺し屋1」、「カタクリ家の幸福」までもがセレクトされています。
そしてショーケースに入っているかのごとく、クロサワ作品やオズ作品あたりが陳列されていたり。
| (ΘェΘ) | 2005/08/26 12:28 AM |










CALENDAR
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>




このページの先頭へ