赤パン帳 (ΘェΘ)

ニッポンセイカツ はじまり、はじまり

CATEGORY
<< ルパン | main | 今日、日本に出発 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - |
ブリックレーンフェスティバル(久しぶりに写真!)




さてさて、昨日は東の方にあるブリックレーン・フェスティバルに行ってきました。
最大のお祭りである、ノッティングヒルのほうには終わりしか行けなかったので、期待をかけて!
といっても、こっちの方は狭い範囲のことだし、カーニバルじゃないし...





チャイナタウンの中国語表記でもそうですが、通りの名前は英語とバングラ語(? バングラデッシュ・インド地区だけど、あの辺はかなりの言語があるし)。
何度かいったことあるんですが、さすがに汚い。
最近Angel近くに引っ越して、移民地区の汚さを忘れていました。
(私は昔トルコ人地区に住んでいて慣れていたのに。)




ブリックレーンとはこの通りの名前でここは人だらけ。





こんな大型のパフォーマンスもあったり。
このバンド、ファンク・ジャズ系でかっちょよかった。










裏っかわにあるマーケットは山積み。

もうですね、日本人の多さにびっくりしました。
この辺は南アジア地区ですが、ショーディッチにも近くて、いい感じのクラブやカフェが多いんですよ。
そしてファッションも注目するべき地区。
最高級の犯罪率のハックニーにも日本人学生が増えたって言うくらいだから、そういうものなのかも。
どこのクラブ・カフェに行ってもマリワナの匂いに囲まれるのは仕方ありませんが、まあそういう感じのところなんです。
古着のあるところに日本人は集まるんですね。
かといって貧乏学生でなくどう見てもお金持ちの学生だらけなんだけど...




ホームレスの人たちはなんか売ってました。
そして彼らの真上には...↓





靴。




















こういうガラクタでも飼う人はいるんでしょうね。
バックがとってもアジアン。





そしてリバプールストリート駅に向かって歩いて、駅の前のマーケットに。





ここにはもっと日本人がたくさん。
日本人以外でもそうだけど、どうみてもリッチな学生たち。
ファッションやヘアスタイルに気を配れるくらい恵まれた人たちがマーケットに集まるんです。
シティやイーストエンドの方は最近ほとんど行かなかったのでちょっとびっくり。

でも、確かに面白い地域ではありますよ。
ここでも、古着のあるところに日本人がいる、の定義はぴったり。
日本人同士の友達・カップルだったり、日本人の彼女と欧州人の彼だったり。
全体的に女の子の方が多いですね。
たまに日本人の彼と欧州人の彼女カップルを見ますが、すっごく稀。
その場合、彼女がものすごくかわいいのが多い。
そして彼女は気が強そう。
彼女が欧州人の場合はよく分かりませんが、彼が欧州人の場合は99%金髪に青い目です。
んで、ここにもよく出てくる私の彼は、黒髪に黒い目に日焼けしてひげはやして、アラブ人にアラブ語で話しかけられたこともあるとっても地中海ヤローです。
一人で店の前とかに煙草吸いながら立ってると怪しまれます。
店に入って普通に買い物しても後ろからセキュリティが着いてきます。
かわいそう...



それにしても、このマネキンはなんだったんだろう。
| (ΘェΘ) | Photographs | 00:51 | comments(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:51 | - |









CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>




このページの先頭へ