赤パン帳 (ΘェΘ)

ニッポンセイカツ はじまり、はじまり

CATEGORY
<< 詐欺にあいました! | main | ダイアナ妃の証言 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - |
ダブルデッカー


上の、ダブルデッカー型のバスが、ちょっと前に新型の一階建てになってしまいました。
ほぼ毎日乗っていたのでちょっと寂しい...

でも、ダブルデッカーはいい点もあるけど悪い点もあるんです。
個人的に悪い点は、
・車椅子や乳母車は乗れない
・年寄りや子供には危ない
・後ろは開きっぱなしなので、ものすごく危険
・「降ります」と知らせるときは、一階の左にある紐を引っ張るので、二階にいたり、右側にいると大変
・紐を引っ張りベルを鳴らしても、よく止まってくれない
・ものすごくせまいので、すぐに満員になるし、真夏や雨の日はつらい。
・運転手はバスの中の状況が分からないので不便
・バスの中にいる車掌さんが一人一人料金を回収するので不便
・バス自体が古いので、うるさい

と、はっきり言って馬車が機械化しただけです。
21世紀にこんな交通手段でいいのか!

逆に、絶滅寸前のダブルデッカーの良い点は
・小さいので街中をくるくるスイスイと走れる
・乗りたいとき飛び乗って、降りたいときに飛び降りれる(自己責任で)
・車掌さんが感じがいい人ならバスが楽しくなる
・バスの中で立てる人数は決まっているので、スリが起こりにくい
・車掌さんが回ってこなければただ乗り可能
・新型のバスにいるより、ダブルデッカーにいるほうが、周りの人に親しみがわく(小さいからでしょう)

うーん。
でも、不便とかそういう以前に、バスはロンドンの観光名物なんだから、なくなってしまうのはどうかと思います。
38番と言えば、ハックニーからヴィクトリア駅を結び、途中、ピカデリーサーカスやハイドパークコーナーなどを通る、いわゆるロンドン名所を横断するバス。
名物のハーモニカを鳴らす車掌さんがいたり、鼻歌レゲエ風の車掌さんがいたり...
バスの外でも中でも、観光客がよく写真を撮っていました。

ダブルデッカーの最後の日は、初期の型のバスを走らせたり、きれいに色が塗られていたり、一日中写真を撮っている人がいたり(おじいちゃんが多かった)と、
なんか切ない気分...
| (ΘェΘ) | London | 00:41 | comments(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:41 | - |
 こんばんわ。
10年近く前に乗りましたよ。
このバスがなくなるなんて…
やはり寂しいよね。

その時に
黒くて、ちょっとクラッシック
な形をしたタクシーに乗れなくて
残念に思った記憶がありますが、
まだあるのかな〜?
それもなくなってたら寂しいな。


| オレンジペコ | 2005/11/12 11:39 PM |

>オレンジペコさん
この形のバスはもうほとんど見ませんよ...
159はまだダブルデッカーだったと思うけど、それ以外はもう知らない...
ロンドン市内のス○バのクリスマス特製マグには、この38番のバスがプリントされています!
偉大な38番!

タクシーは多分生き残りますよ!
形は一緒だけど(古いのと新しいのでちょこっとちがいますが)、色が違います。
タクシーの広告によって、真っピンクだったり、ハリウッド俳優の顔だったり。
ここのタクシーって、中が異様に広くてなんか変な感じです。
| (ΘェΘ) | 2005/11/15 7:27 PM |










CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>




このページの先頭へ