赤パン帳 (ΘェΘ)

ニッポンセイカツ はじまり、はじまり

CATEGORY
<< 熊さんの誕生日 | main | 速報! ウォン・カーワイ監督がカンヌ審査委員長! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - |
キング・コング
King Kong

キング・コング(日本語サイト)
by Peter Jackson, New Zealand/USA (2005)
Barbican, 4 Jan 2006

What can I say?って感じですね。
バイトのおかげで、キング・コングが今年最初の映画となったわけです。
興味はあったけどお金を出してまでは、と思ってたら、準備一時間+映画3時間分の時給をもらって観たわけです。


感想を一言で言うと、ナオミ・ワッツが美しい。
それだけだった映画です、私にとって。
でもこれって重要だったり。
というのも、元々ナオミ・ワッツ嫌いだったんですよ。
どの映画見ても神経質に悲鳴を上げる役だし、私にとって「悲鳴を上げる=演技派になりたい」なんです。
あくまで「なりたい」のであって、「なれてない」のがポイントですが。
それが今回は、叫んでるけれど、彼女の美しさが何よりも前に出ているのでその辺の思い切りに好意を感じます。
主人公はどうみたってキングコングじゃないでしょう。
一人芝居をコングにしてあげるアンでしょう!
みんながナオミ・ワッツを救おうとする、「アンの悲劇」ってタイトルにしてもおかしくない。

その辺を盛り上げるために、CGがあるんですっ!
映画学メモのタカさんの普通のハリウッドとキング・コングの比喩に納得。
Beast(コング)にとって夕焼けとアンのBeautyは同じくらい大切で守りたいもの。
体を張って守るそのコングの姿に、元々影の薄いエイドリアン・ブロディーは豆粒みたいに小さく感じますね。
ブロディーの適役に付け加え、ジャック・ブラックの顔はコングと対等に戦えるだけの迫力があり、若く無防備なジミーをビリー・エリオットのジェイミー・ベルがやったり、キャスティングも面白いです。

しかし、ここまで来たらもうハリウッドは飽和状態に気づかないとダメですね。
これ以上にどうCGを使うと言うのか...

ところで。
オリジナルは、エンパイアビルに登るシーンしか見たことないんですが、恐竜も出てくるんですか??
いきなりジュラシック・パークになってビックリ...
| (ΘェΘ) | Cine Review | 22:07 | comments(6) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:07 | - |
こんにちは☆
TBありがとうございます。
この作品、良かったですね!!
| mig | 2006/01/06 5:20 PM |

>migさん
こちらこそありがとうございます。
なんというか、圧倒されたのは確かです。
それ以外覚えてないかも!!
| (ΘェΘ) | 2006/01/06 9:44 PM |

TBありがとうございました!
私もナオミ・ワッツはあまり好きじゃなかったんですが、本作での彼女は魅力に溢れていましたね。ちょっと見方が変わったかも(^^♪
| honu | 2006/01/08 7:50 AM |

>honuさん
こちらこそありがとうございます!
ナオミ・ワッツ、正にその通りです。
相変わらずいつも叫んでいますが...
インタビューでも、いつも笑顔なのが魅力なのかも?
| (ΘェΘ) | 2006/01/09 8:16 AM |

こんにちは。TBありがとうございました
ナオミ・ワッツは「マルホランドドライブ」で結構好きになりましたよ。
ジャック・ブラックもほんっと、負けてなかったですよね(笑)
なかなかキャスティングも面白かったと思います。

*オリジナルには恐竜出てくるんじゃなかったかな?次のリメイクには全然出てこなくて、これは結構コケた作品だったような?
| モン基地の母 | 2006/01/09 3:31 PM |

>モン母さん
「マルホランド・ドライブ」、見てないんです!!
この映画での彼女はいい、という人は多いですよね。
見なきゃ!

>ジャック・ブラックもほんっと、負けてなかったですよね
キング・コングに負けていなかったです!
唯一コングを恐れなかった男ですよねぇ...

ジュラシック・パークは、30年代のオリジナルには出てくるらしいです。
ひえー!
その次のリメイクの存在を知らなくて、びっくりしました。
コケた映画だから知らないのかも??
| (ΘェΘ) | 2006/01/10 6:39 PM |










CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>




このページの先頭へ