赤パン帳 (ΘェΘ)

ニッポンセイカツ はじまり、はじまり

CATEGORY
<< 日本滞在記 3 | main | New job, new life! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - |
日本滞在記 4
いつ終わるんだ、日本滞在記...
でも明日からネットがちょっと使えなくなるので、今回で終わっちゃうかもしれません。
今回は、九州のど真ん中、阿蘇山!

上の写真が火口。
怖かったです...



ここに山があったなんて...
何度行っても感動です。
阿蘇には子供のころからよくキャンプに言っていたのですが、いつも南阿蘇に行っていました。
ちなみに父は山の男で、山に行くと元気になります。
子供連れの単純な山登りでもわざわざ険しいところを行くし、テント大好きだし、ご飯だって火を焚いて飯盒で炊くし、お箸がなければ木の枝を追って皮をむいてくれるし。
そんな子供時代をすごした赤パンは草原が怖いんですが。
天然温泉なんて木の陰から熊が出てきそうで落ち着けん!
隠れ場がないと落ち着けないんです...

あ、話がそれた。

それで、今回は火口を見に行こう!と、またもや熊さん・赤パン・赤パン父で出発。
私は行きはほとんど寝ていました。
で、登山口まで来て、事の重大さに気づきましたよ。
「危険です!」と戦時中のようなアナウンスがひたすら流れ、ゲート辺りでも「気管支の弱い方はいませんね!?」と何度も確認され、だんだん岩だらけになってゆく山道を恐る恐る登っていったわけです。
そしたらこれですよ! ↓




硫黄の匂いがすごいし、来る途中「数年前の噴火で旅行客が数人死亡した」というガイドブックの文を読んだばかりだし、いたるところに緊急避難所があるし、魔除けを売るおばちゃんや、風水の硫黄(なぜかヨン様の写真付き)を売っているおじちゃんいるし...

地獄絵図のようです。

そして第一火口に行くと上の写真のように黄緑の液体がボコボコと煙を上げているんですよ!!
自然の恐ろしさを目の辺りにしてしまいました。
(そしてヨン様の偉大さも)

気を取り直して、キャンプに行く度に行っていた地鶏屋さんへ♪



炭焼地鶏の店 らくだ山
昔はその辺に地鶏が走り回ってて犬が番をしていたのですが(一羽、脱走する鶏を目撃したこともあります)、今回はちゃんと策が作ってありました。
時代は流れるんだなー。
でも味はすごくいい!!
メニューは別になくて、定食は、適当に切られた鶏をタレに付けたものがきて、ご飯と味噌汁と卵もでてきます。
それを自分達で炭火焼にして、ハサミで切って食べるわけです。
すっごいうまいんです!!

本当はミヤマキリシマ(熊本県のサイト)の時期だから、ということもあり阿蘇山まで行ったのですが、まだ早かったみたいでどっこにも咲いてませんでした...

草千里に行ったり、白川水源に行ったり。

で、日が暮れだしたのに、私が「昔よく行っていたガンジーファームのソフトクリームが食べたい!」と言い出したので小一時間掛けて閉館時間ぎりぎりに着いて、景色を見ながら肌寒い中三人で黙々とソフトクリームを食べました。
でもうまいんですよ。
日本一です!(って書いてます)

楽しい一日でした♪
お父さんにはいつも運転させてて申し訳ないけど...
| (ΘェΘ) | Travel | 23:48 | comments(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:48 | - |









CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>




このページの先頭へ