赤パン帳 (ΘェΘ)

ニッポンセイカツ はじまり、はじまり

CATEGORY
<< パスポートが帰宅! | main | 点と線 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - |
わたしを離さないで
カズオ・イシグロの不思議にノスタルジックな世界。
全く何も知らずに読んだので最初はよくわからなかったけど、「まさかこういうことじゃないよね」と思っていたのがその通りだった...
SFなのに怖いくらい現実味があって、そしてまるで自分の記憶のように新鮮。
それは彼が得意をする独特の世界観ですが、実際はありえないことを「あって当然」かのように思わせるのなんともマジカルなストーリーです。
これが今のところ一番新しい作品ですが、今までにないオリジナルなアイデアじゃないでしょうか。
簡単にでもあらすじを言ってしまうと面白さが半減してしまうんじゃないかと思うのであえてここでは書きませんが、でもやはりストーリーの面白さは人間関係と現在と過去を行き来する主人公の想像の世界。
中でも夢や信念や期待を無防備に信じている姿は心に痛く残ります。
与えられた自由、作られた子供時代に、植えつけられた青春、そして貢献するためだけに生まれた身体...
今回もページをめくる手が止まらないほど一気に読んでしまいました。
彼はやはり女性を主人公に置いたときの方がナレーションがしっくりくるみたい。
時間の流れをビュンビュン飛ばしての語り方は女性的ですし。

どこかでチラッと彼が最新作を出すって聞いたような気がしたんですが、本当かな?
後読んでいないのはThe Unconsoledだけになってしまいました。
オリジナル脚本も書いていますがその映画も見たし...

下は英語版。
とても読みやすく丁寧な文章なので英語で読める方は英語をオススメ。

Never Let Me Go
Never Let Me Go
Kazuo Ishiguro
| (ΘェΘ) | Books | 06:28 | comments(4) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:28 | - |
お久しぶりです!
これ、大好きな(という言葉は適切ではないかも)作品です。
昨年読んだ中の第二位でした。(一位は、悪童日記三部作!)
以前もお話したように、カズオ・イシグロの作品はすべてが翻訳されているわけではないんですよね。。。。
彼のものは、本当にはずれがない。もっと読みたいです。

ところで、カンヌはじまってますね〜。
赤パンちゃんは、いかないの?
| pico | 2007/05/22 9:49 AM |

>picoさん
そうなんですよ!
picoさんのところで前、これを読まれたってコメントかどこかに書いてあって、やっと手に入れて読んだんです。
そういえば他の作品の感想を書いていないことに気づいたので近いうち書きますが、彼の作品は全部大好きです!
こんなに現代文学に没頭したのは初めてです!
(直後に読んだフウテン老人日記ももちろん好きですが)

カンヌは、ボスやその他会社の上司たちが続々行っていますが私はお留守番です。
会社は日々成長しているらしく、毎日忙しいです...
| (ΘェΘ) | 2007/05/22 9:43 PM |

最近積ん読本がたまりにたまっているのですが、
次のリストに入れてぜひ読んでみようと思います。
廉価版が出てたら原書にチャレンジしてみようかな^^
| 小仙 | 2007/05/22 9:52 PM |

>小仙さん
ぜひぜひリストに入れて読んでみてください!
こっちで普通に買っても8ポンドするので、実は日本のアマゾンで原書を新品で買った方が安いんですよ!
それにしても、こっちのペーパーバックは高すぎる...
日本から送ってもらった本の小ささと安さに感激!
| (ΘェΘ) | 2007/05/22 10:05 PM |










CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>




このページの先頭へ