赤パン帳 (ΘェΘ)

ニッポンセイカツ はじまり、はじまり

CATEGORY
<< イタリアの政治は熱い | main | 海底二万里 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - |
日本初の映画専門単科大学創立へ - news
日本初の映画専門単科大学創立へ 11年4月開校目指す
asahi.com 2009年1月28日の記事

映画作家や俳優を養成する専門学校「日本映画学校」(川崎市麻生区)を運営する神奈川映像学園は28日、日本初となる映画教育・研究専門の単科大学「日本映画大学」(仮称)の創立構想を発表した。文部科学省の認可を経て11年4月の開校を目指す。


日本映画の活性化にはやっぱり投資が必要です。
一時期、日本映画学校みたいな専門学校を探してたけど
アートに偏りたくないという理由から、普通の大学で一応イベント経営もやりました。
結局その120倍くらいの時間を映画学に費やしたんですが、
一応卒業証書上はどっちも持っているということになるという作戦成功。

何がいいたいかというと、プロデューサーの要請もがんばってほしいということです。
映画ほど膨大なお金が必要な産業ではお金を上手に扱える人が必要。
ちなみに私は一つの映画にどっぷりはまるプロデューサーより、
出来上がった作品を多くの人に持っていってあげれる仕事が夢です。
新キャンパスは現在地に近い麻生区白山2丁目の小学校跡地に設ける。川崎市が27日、跡地事業の予定者に同学園を選定した。小学校舎を改装して教室とするほか、学校菜園跡に延べ床面積約330平方メートルの映画撮影スタジオを新設する計画もある。

日本映画学校は故今村昌平監督が創設した。新大学の定員は4学年で計640人ほどを想定している。
| (ΘェΘ) | Cine Talk | 23:21 | comments(2) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:21 | - |
>お金を上手に扱える

これが、一番欠けている。

不景気になったら、お金でお金を買ったり売ったりはできない。ところが、映画は不景気とかは、実は、味方だったりするんだよ。映画だけでなく、興行とか言われるのは強い。映画「シンデレラマン」は大恐慌の時の話なんだけど、ボクシングの試合は興行として成立っていたんだね。それに、日本の映画黄金時代は、むしろ貧乏だったんだし。それと、最近、映画館が、うちのそばのシネコンだけど、混みだしているんだよね。つまらないと飽きだされないといいのだけど。
| 野猫 | 2009/01/29 7:16 AM |

>野猫さん
映画館がもうちょっと安かったら
「今年は旅行にいけないけど映画をたくさん見ようね」
って言う人はもっと増えると思います。
今は家庭内でもデジタル化してるけど、映画館文化は近いうちなくなってしまうんでしょうか...
あと、おじいちゃんおばあちゃんも安心していける映画館にしてほしい。
まさに黄金時代の人々ですもんね。
10年位前うちの祖母が市民ホールの上映で黒澤明の「生きる」をみてすっごく喜んでたのが心に残ってます。
シネコンでも昼間に昔の映画を上演すればいいのに。
うまくマーケティングすれば映画館も損はしないはずです!
| (ΘェΘ) | 2009/01/29 9:00 PM |










CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>




このページの先頭へ