赤パン帳 (ΘェΘ)

ニッポンセイカツ はじまり、はじまり

CATEGORY
<< 共同幻想論 起源論 (終わり) | main | 作り続ける、食べ続ける >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - |
ないものねだり

何でも手に入るロンドンから
何にも手に入らないサルデーニャに来てしまったので仕方ないです。

イタリア料理の食材しか手に入らないというつらい状況下、
ないものはどうしても食べたくなるものですよね、
たとえばひじきなんて気にしても無かったのに、ここ数年急に食べたくなる。
で、先日はとうとう餃子の皮を思いつきで作りました!
粉さえあれば思いつきでできたんだからもっと早くから思いつけばよかった。
近くの町オルビアにはオーガニック食材屋さんがあって
オーガニックの日本の食材もすこしあるんですが
びっくりするくらい高いので寄り付かなかった、んですが!
今回友達について行ったら、なんと にがり がありました!
さっそく豆腐に挑戦します。
うまくできたら、アップします...

あといつも見る韓国のテレビのせいでどーしても、どーーーーしても
ビビンバが食べたくなって、残りわずかのごま油と味噌で
コチュジャンもどきを作って、知り合いから新鮮卵をもらって、
ビビンバもしましたよ。
根性ですね。
この方から卵をもらったらまずは卵かけご飯を食べます。
お米はサルデーニャ産だけど、気持はジャパン。

アジアの料理は何でも好き。
和食ももちろん涙が出るくらい好き。
それを誰よりもよく知っている両親は和食のレシピ本を送ってくれます。
↓のレシピ本はみているだけでもリラックスできるので
何度も目を通しているんですが、手に入らないものが多すぎて
まだあんまり作れてません...
説明文もやさしい文章で、
なによりも「味を迎えに行く」という考え方が好きです。

| (ΘェΘ) | Food | 00:59 | comments(5) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:59 | - |
こんにちは☆
お元気ですか?年越しは日本で過ごしました♪
私もサルデーニャで日本食を作ろうにも食材がなかなか見当たらなくて、色々な日本食を作れないでいます。
結果、餃子の皮・うどんなどなど自分で作ればいいんだという結論に!
でも、”にがり”思いつかなかったです!!どこに売ってるんですか?私も欲しい〜!
| SHIHO | 2010/01/19 9:37 AM |

禅寺は、食べてはいけないものを、そのように見えるように料理したりしますよ。ゴボウを、ヒジキみたいな形にして、イカスミで染めるとか、ワインで煮込む、鉄分が多いもので煮て冷めると黒くなる。

あとは、輸入商売に詳しくなって、実家から送ってもらって、ついでに、そのオーガニック店に卸して利益を得るとか。ダイレクトに郵送できないなら、イギリス経由にするとか。利益が見込まれるなら、不可能はないと思うよ。貿易が商売の中で一番儲かるんだよね。サルデーニャの民族衣装を日本に輸出する先を見つけるとか。
| 野猫 | 2010/01/21 8:39 AM |

ちなみに、ニガリはマグネシュウムなので、カルシュウム+マグネシュウムのサプリメントで代用できるかもしれません。それに、ちょっと塩をまぜて。
| 野猫 | 2010/01/21 8:42 AM |

>SHIHOさん
オーガニック食品ショップは、オルビアにあるemporio alcatrazっていう店です。
でもカリアリは都市なんだから同じような店があるはずですよ!
なんといってもアジア食品のお店があるらしいし(と言っても私はカリアリに詳しくないのでどこかは知らないんですが)
でも豆腐作りは大変です…
成分とかが豆乳やにがりの商品によって違うから、ネットで見てても、日本の方ででさえ何度も失敗して工夫して作ってるそうです。
お互いがんばりましょう!
| (ΘェΘ) | 2010/01/21 11:19 PM |

>野猫さん
やっぱりモノがないと、みんな工夫するしかないんですね。
(逆にモノにあふれていたら想像力もなくなる?)
工夫すれば明太子ができるはず、とか、みりんは何で代用できるか、とか。
そうやって考えていく先に、輸出輸入はビジネスとしてうまくいくんじゃないかといつも思っています。
友達のおばあさんがサルデーニャの伝統衣装を作っていて、数年前に日本人に百万円位する衣装を買ってもらったっていう話も聞いたし。
伝統的なものを身近なものに変えて売る、たとえば民族衣装のデザインをTシャツにする、とか、カジュアルなアクセサリーにする、にすればもっと手軽。
沖縄とか京都ではよく見かけますよね。
ただ、イタリアって国はいろんな面で信用できないですから...特に郵送関係はうまく届けば奇跡。
あと、ここでも何度も言ってるんですが、国や地方が勢力を出して宣伝すれば、サルデーニャっていう特殊な島はsustainable tourismが可能なんですけどね。

にがりは、別に日本にしか存在しないものではないので、薬局とかでも買える、っていう風に海外在住の人のコメントをネットで見ました。
ただ、やっぱり試行錯誤は避けられないでしょうね。
私は一番簡単な電子レンジでの作り方を見ました。が、まだ成功はしてません。
| (ΘェΘ) | 2010/01/21 11:36 PM |










CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>




このページの先頭へ